デジタルサイネージの活用

subpage01

デジタルサイネージとは、屋外や店頭やオフィス、公共施設などにおいて、インターネットに接続したディスプレイを通じて様々な情報を発信するシステムの総称です。

ファストフード店のメニューディスプレイや病院の待合室に設置されている診察の待ち時間やその他の情報を発信するディスプレイ、駅や空港の様々な案内など、私たちの生活において実に様々な形で導入されています。


デジタルサイネージが導入される以前は、ポスターや張り紙、看板などによる情報発信がなされていました。

しかし、こうしたポスターや張り紙や看板は、発信する情報が変わる度に、内容の書き替えや紙の張り替えなどが必要でした。

内容を書き替える手間や紙を張り替える手間は、相当なものです。

OKWaveに関する情報を公開中です。

それがデジタルサイネージの導入により、ディスプレイの設置さえ行えば、インターネットを操作するだけで、表示する情報を変更することができるようになりました。



また、たとえば病院などにおいては、待ち時間の表示と健康に関する情報が数分おきに交互に表示されたり、駅や空港においても、運行や乗り換え案内の表示と運行トラブルなどの緊急情報などが交互に、または同時に発信されるなど、ほとんど人の手間を取ることなく、必要な情報を必要な時に発信することが可能になりました。

厳選したデジタルサイネージを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

ディスプレイの設置やシステムの導入などに初期費用はかかりますが、デジタルサイネージを導入することにより、人件費の削減や紙などの資源の削減につながるなど、長い目で見れば大幅なコスト削減につながるのではないでしょうか。

デジタルのテクニック

subpage02

最近、デジタルサイネージが増えています。デジタルサイネージとは、簡単に言えば電子看板で、ディスプレイに情報や映像を表示する仕組みのことです。...

NEXT

みんなの常識

subpage03

デジタルサイネージ(DigitalSignage=電子看板)とは、繁華街の大型ビジョンや、ショッピングモール、役所などの公共機関、電車やバスなどの交通機関など、様々な場所において、ネットワークに接続された表示機器を通じて情報発信を行う新しい形のメディアです。液晶・有機EL・プロジェクションマッピングなどの表示技術や、無線LANをはじめとする高速無線通信の発展にともない、これまでの広告・コンテンツ配信とは一線を画す"より消費の現場に近いメディア"として注目されています。...

NEXT

知っておきたい常識

subpage04

デジタルサイネージは、次世代の広告媒体として注目されています。メリットとしては、ポスターや立て看板などが静止画であるのに対して、デジタルサイネージは、ディスプレイで表示するので動画や写真のスライドショー、人が話す音声や音楽までも広告として取り入れることができ、人目を引くことができるのです。...

NEXT

テクノロジー入門

subpage04

広告をして集客をする場合、費用の中からさまざまな支出をしなくてはなりません。デジタルサイネージの場合はどのようなものが必要になるのでしょうか。...

NEXT